手フォーラムとは
スケジュール
テーマレクチャー
研究発表の募集
『哲学の探求』
『探求』掲載論文の公開承認のお願い←重要!
年度までの記録
2016年テーマレクチャー
哲学若手研究者フォーラム
(The Japan Forum for Young Philosophers)
旧「全国若手哲学研究者ゼミナール」
           
このページに関するご連絡・お問い合わせは annai@wakate-forum.orgまで
フォーラムからのお知らせ等のメール配信を希望される方も ↑ までご連絡下さい
(アットマークを小文字に変えて送信して下さい。) 
 『哲学の探求』
<『哲学の探求』電子化のお知らせ>
長年にわたり紙媒体でお届けしてまいりました『哲学の探求』も、昨今の学術論文電子化の流れを受け、41号でもって紙媒体での発行を終了し、42号からは電子媒体にて発行する運びとなりました。 これにより『哲学の探求』がより多くの方に親しんでもらえるようになれば望外の喜びです。 今後とも、『哲学の探求』がいっそう充実したものとなりますよう、変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。

さて、『哲学の探求』には、下記の通り、紙媒体版バックナンバーの在庫がございます。 購入をご希望の方は、冊数とお名前、ご住所、電話番号をお知らせいただければ、こちらから郵送いたします(送料はいただきません)。
また、慶應義塾大学(三田)、首都大学東京、千葉大学の各生協書籍部においても、バックナンバーの一部をご購入いただけます。
バックナンバーご購入のお申し込み・お問い合わせについては、『探求』販売担当の李太喜:tankyu@wakate-forum.orgまでお願いいたします。(その他の運営委員にご連絡下さっても結構です。)
お申し込み・お問い合わせの際には、お手数ですが、アットマークを小文字にし、件名に「哲学の探求」と入力してメールをお送り頂きますようお願いいたします。

なお、第20号〜第36号、第42号以降のバックナンバーは以下にPDFファイル形式で公開しております。各号の目次ページよりご覧ください。

『哲学の探求』目次
号数 発行年 価格(円) 在庫 テーマ
44 2017/― プラグマティズム
43 2016/6 精神医学と哲学
42 2015/4 幸福と人生
41 2014/4 1000 普遍者(テーマ論文掲載なし)
40 2013/4 1000 メタ倫理
39 2012/4 1000 論理学の哲学
38 2011/5 1000 知覚の哲学
37 2010/6 1000 分析美学の現在
36 2009/5 1000 × スピノザとライプニッツ
35 2008/6 1000 × 分析哲学における存在論の現在
34 2007 1000 × 「大陸系」哲学の現在/生命の哲学
33 2006/6 1000 × 認識論はどこへゆく?2
32 2005/5 1000 × 魂の教育は可能か
31 2004/6 1000 × 日本語と言語哲学
30 2003/5 1000 × 哲学の現場?
29 2002/5 × 科学時代の哲学
28 2001/5 1000 × 道徳の根拠
27 2000/6 1000 × 時間論
26 1998/12 × 身体論再考の試み
25 1997/12 1000 × アートを哲学する
24 1996/12 1000 × 宗教をどう捉えるか
23 1995/12 × 近代の人間モデルとフェミニズム
22 1994 × 認識論はどこへゆく?
21 1993 × 道徳の根拠
20 1992 900 × 自然と人間
―その倫理的考察―
19 1991 900 × 全体観と哲学
18 1990 × 言語と認識
17 1989/11 700 × 感情について
16 1988 700 × 言語論的転回とは何か
15 1987/11 800 × 自己意識の再検討
―競争とコミュニケーション―
14 1986/11 × 歴史と生活世界
13 1985 700 × 合理主義の再考
12 1984 × 哲学にとって「現実」とは何か
11 1983 × いま哲学は何をなしうるか
10 1982 600 × 認識と価値
9 1981 600 × 主体と共同性
8 1980 600 × 現代における理性と主体
7 1979 400 × 情念と理性
―現代の文化状況と主体の確立―
6 1978 500 × 現代の疎外
5 1976 500 × 歴史と理性/社会意識と実践
4 1975 ×
3 1974 × 現代における個人の問題/
科学的精神の形成について
2 1973 250 × 哲学の対象と方法/
現代における人間の自由
1 1972 ×
営委員会
(C)2000-2017 哲学若手研究者フォーラム