TOP

手フォーラムとは

テーマレクチャー
研究発表の募集
『哲学の探求』
年度までの記録
2017年テーマレクチャー
哲学若手研究者フォーラム
(The Japan Forum for Young Philosophers)
旧「全国若手哲学研究者ゼミナール」
           
このページに関するご連絡・お問い合わせは annai@wakate-forum.orgまで
フォーラムからのお知らせ等のメール配信を希望される方も ↑ までご連絡下さい
(アットマークを小文字に変えて送信して下さい。) 
 『哲学の探求』第47巻の公開とお詫び  2020/7/15

『哲学の探究』第47号が完成いたしましたので、ウェブページ上で本日から公開いたしました。

『哲学の探究』第47号

以上のリンクからご確認いただけます。
(『哲学の探究』第47号目次>号数47>サイドバー『哲学の探究』からもご確認いただけます。)

また、第47巻の公開に関しまして、運営委員会として、関係者のみなさまにお詫びしなければならないことがございますので、合わせてご報告いたします。
 7月15日の公開に先立って、7月11日に第47巻を編集上の不備を残したまま公開するという事態が発生いたしました。ただ、体裁に不備を残したままでの公開は執筆者の方々への不利益につながることもあるため、編集上の不備を訂正することを目的として、公開後に、運営委員の判断のもとで論文原稿の公開停止を行いました。
 編集上の不備として見つかっている事項は、各投稿論文の使用フォントの不統一、ページレイアウトおよび注と参考文献表の表記に関する不統一、それらに伴うページ数の割振のズレになります。このたび公開いたしました論文につきましては、以上の点を修正しております。
 しかし、編集上の不備を訂正するにせよ、一度公開した論文に手を入れることは、論文検閲や雑誌編集団体による恣意的な修正の恐れも否定できません。そのため、公開を継続するにせよ、停止するにせよ、執筆者ならびに関係者の皆様にご同意をいただいたうえで、対応するべき案件でございました。今回の一連の対応につきまして、執筆者、関係者のみなさまには多大なるご心配とご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。運営委員一同、深くお詫び申し上げます。
 次年度以降、同じことが起きないよう、雑誌『哲学の探求』の公開ならびに編集につきましては、細心の注意を払って取り組んでまいります。加えて、雑誌『哲学の探求』公開後の論文の取り扱いにつきましても、改めて検討してまいります。

以上の件につきまして、皆様からご意見などございましたら、若手フォーラム(annai@wakate-forum.org)までご連絡をお寄せいただけますと幸いです。


 【重要】2020年度 哲学若手研究者フォーラム(オンライン)の研究発表募集について 2020/6/27

2020年度大会(オンライン)での研究発表を希望される方へ
6月15日から7月10日までの間、今秋9月19日・20日に
開催されるオンライン大会での研究発表を募集しております。
発表を希望される方は、7月10日(金)までに
下記リンクにアクセスしていただき、回答をお送りください。

2020年度「哲学若手研究者フォーラム」発表希望フォーム
2020年度大会の発表募集は締め切りいたしました。
またフォームでの回答とは別に、発表内容に関する1200字程度のアブストラクト・要旨の提出をお願いしております。各書式テンプレートに則って、アブストラクトを作成いただき、別途annai@wakate-forum.orgまでお送りください。
なお今年度より、docファイル・docxファイルに加え、txtファイルでのご提出も可能です。
(アブストラクトのテンプレートについてはサイドバー「研究発表の募集」ページにてご確認いただけます。)

 【重要】2020年度 哲学若手研究者フォーラムのオンライン開催について 2020/6/9
哲学若手研究者フォーラムでは、新型コロナウイルスの今後の感染拡大防止および直前での中止の回避の観点から、9月19日・20日に予定されております2020年度大会のオリンピックセンターでの実地開催を中止し、本年度に限り、オンライン上で2020年度大会を開催することといたしました。
発表および参加を予定されておりました皆様にはご理解のほどよろしくお願い申しあげます。

以下、オンライン実施に伴う変更点および現時点での確定事項を記載いたしますのでご確認ください。

a) 開催日程
2020年9月19日(土)、20日(日)

b) 参加費
発表者・参加者 :一律500円
(各自で振込をお願いします。)
※ 発表への質疑応答やテーマレクチャーへの参加は発表者・参加者に限らせていただきます。

c) 開催時刻
個人発表
:タイムテーブル割当てなし(発表形式の変更による)

 質疑応答はコアタイムを設定予定
ワークショップ
:オンライン実施の場合、タイムテーブルの割当てを予定

 質疑応答はリアルタイムを予定
テーマレクチャー
:9月19日(土) 15:00〜18:00(例年通り)

 質疑応答はリアルタイムを予定

d) 発表形式
個人発表
:原稿のPDFファイル・スライド(音声付き)のアップロード提示と質疑フォームを用いた参加者との質疑応答(コアタイムを設定予定)
ワークショップ
:フォーラム主催のZOOMミーティング会場にて実施。
※ 希望が多い場合、抽選を予定。
テーマレクチャー
:フォーラム主催のZOOMミーティング会場にて実施。

e) テーマレクチャー
テーマ   :「フェミニズムの哲学」
レクチャラー:小手川正二郎先生・田中東子先生
特定質問者 :筒井晴香先生



 2020年若手フォーラム テーマレクチャーの希望テーマ 2020/2/5
2020年の哲学若手研究者フォーラムにて開催予定のテーマレクチャーについて、テーマ候補から参加者のみなさまに希望を募っております。
以下の紹介文を参考にアンケートフォームにてご希望のテーマをご回答ください。

(1)分析美学
(2)法哲学と倫理学の対話
(3)自由と決定論
(4)フェミニズムの哲学
(5)ベルクソンと分析哲学の対話



 (募)『哲学の探求』47号の編集協力へのお願い 2020/1/14
哲学若手研究者フォーラムでは、現在『哲学の探究』47号の編集協力者を募集しております。
編集協力者には投稿された論文の校正(誤字・脱字の確認など)のご協力をお願いさせていただいております。
ご協力いただける方は、annai@wakate-forum.org までご連絡いただけると幸いです。

なお、現在校正中の論文13本は以下の通りです。(順不同)

@「ジョン・フォレスターと精神分析」
A「「ツルツルした氷」から「ザラザラした大地」へ?『論理哲学論考』を離れ『哲学的探究』に伏す語りえないもの?」
B「ハイデガーの「形式的告示」――「何であるか」と「いかにあるか」の連繋に着目して――」
C「ハイデガーの「メタ存在論」における「気分」」
D「「実存」と「世界」間での「振幅運動」に着目して」
E「知覚的知識に関するセラーズ的内在主義を擁護する」
F「反応的態度説における適切性」
G「反省会としてのメタ哲学」
H「フーコーにおける「規律」〈discipline〉再考に向けて」
I「命題的態度についての消去主義と物理主義的素朴実在論」
J「『純粋理性批判』第二版演繹論における量カテゴリーの客観的妥当性」
K「知覚経験における概念能力の働き―ジョン・マクダウェルの『心と世界』を中心に−」
L「「正常な説明」再考―ミリカン解釈と連言問題―」


専門的なコメントは必ずしも必要ではございませんので、ぜひ皆様にご協力いただけますと幸いです。
ご協力いただける方は、annai@wakate-forum.org までご連絡いただけると幸いです。


 2020年開催日程のお知らせ 2019/10/12
2020年度若手フォーラムの開催日程が決定いたしましたので、お知らせいたします。 現在予定しております日程は、以下の通りとなっております。
2020年9月19日(土)
     9月20日(日)

2020年は夏にオリンピックが開催されるため、オリンピックセンターが確保できたのは以上の日程となりました。
開催日程が例年と異なりますが、ぜひ多くの発表者・参加者にご来場いただきますこと、お願い申し上げます。

営委員会
(C)2000-2020 哲学若手研究者フォーラム