個人研究発表T  
  植村玄輝(慶應義塾大学)
    題目:意味はなぜ現象学の問題になるのか ―フッサールの意味の理論再訪―

  坂倉涼(千葉大学)
    題目:一人称的視点から見た知識・信念帰属(仮題)

  萬屋博喜(東京大学)
    題目:因果と自然 ―黒田亘『知識と行為』を読む―

萌芽研究セッション  
  飯田奈津子(千葉大学)
   題目:過剰としての悪

  今崎高秀(法政大学)
   題目: 『仮象』概念を導きの糸とした、ニーチェ思想の「再‐構築」に向けて(仮題)

  吉沢文武(千葉大学)
   題目: 現代英語圏における死の害についての議論

研究発表U  
  西條玲奈(北海道大学)
   題目:時間的言明の意味論を用いて四次元主義を拡張する
      −段階説の存在論的含意について


  石井達也(京都大学)
   題目:ミシェル・アンリにおける情感性と自己性の問題(仮題)

  鵜殿慧(慶應義塾大学)
   題目:ヒュームにおける懐疑論と心理学的説明

研究発表V  ワークショップ  
  山田圭一(中央学院大学非常勤講師)
   題目:ウィトゲンシュタイン的文脈主義モデルによって知識を壊れにくくする(仮)

  平井靖史(福岡大学)
   題目:懐疑論的観念論を論駁する

  ワークショップ 
   題目:神話か、特権か――レヴィナス哲学における〈内面性〉再考
    渡名喜庸哲(東京大学)
    小手川正二郎(慶應義塾大学)