手フォーラムとは
スケジュール
テーマレクチャー
研究発表の募集
『哲学の探求』
『探求』掲載論文の公開承認のお願い←重要!
年度までの記録
2017年テーマレクチャー
哲学若手研究者フォーラム
(The Japan Forum for Young Philosophers)
旧「全国若手哲学研究者ゼミナール」
           
このページに関するご連絡・お問い合わせは annai@wakate-forum.orgまで
フォーラムからのお知らせ等のメール配信を希望される方も ↑ までご連絡下さい
(アットマークを小文字に変えて送信して下さい。) 
 2018年度 暫定スケジュール

■日程: 2018年 7月21日(土)・22日(日)

■会場: 国立オリンピック記念青少年総合センター (交通案内詳細)

  • 〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3番1号
  • TEL 03-3469-2525(代表)

■タイムテーブルについて

予定は以下の通りです。
  • タイム・テーブルはこちらからご覧いただけます。(7月14日更新)
  • テーマレクチャーの講演要旨はこちらからご覧いただけます。
  • 各研究発表の要旨は参加のしおりに掲載しております。
    • 7月21日(土)

      •  8:30〜 9:00 受付
      •  9:00〜11:35 研究発表<個人研究発表I・II>
      • 11:35〜12:20 昼食      
      • 12:20〜14:55 研究発表<個人研究発表III・IV>
      • 15:00〜18:00 テーマレクチャー「現代現象学」
      • 18:30〜20:30 懇親会 

    • 7月22日(日)

      •  7:00〜 9:00 朝食・チェックアウト・受付
      •  9:00〜11:35 研究発表<個人研究発表V・VI>
      • 11:35〜12:35 昼食
      • 12:35〜13:50 研究発表<個人研究発表VII・[>
      • 13:55〜15:55 研究発表<ワークショップ>
      • 16:10〜17:10 全体会

    ■参加費について

    • 最大で8,000円程度の予定……全日程参加、宿泊、懇親会出席の場合
    • 最小で1,000円程度の予定……一日のみ参加、宿泊なし、懇親会欠席の場合

    この金額は、施設使用料(会議室など)、宿泊費の実費に、フォーラム運営のための事務費を加えて試算したものです。なお、フォーラム運営事務費の主な内訳は、レクチャラー謝礼、交通費補助負担金、コピー代などです。

    なお、上記の金額には、2日目夜の打ち上げの費用は含まれておりません。2日目夜の打ち上げ費用につきましては、当日徴収いたします(予算は4,000円程度を予定しております)。参加をご希望の方は、一般参加申し込みの際にご連絡ください。

    例年、打ち上げの参加を希望されながら、当日キャンセルされる方がいらっしゃいますが、フォーラム会計に支障をきたす恐れがありますので、くれぐれも当日キャンセルはご遠慮ください。

    最終的な参加費等は、フォーラム直前にメールでお送りする「参加のしおり」にてお知らせします。(全日程参加以外の部分的な参加(どちらか一日のみ参加など)も可能です。その場合の参加費も、「参加のしおり」でお知らせいたします。)

    ■交通費補助について

    若手フォーラムでは、遠方から参加の発表者に対して、少額ではありますが金銭的な補助を行っています(ただし出張費が支給される方は対象外とさせていただきます)。今年度は飛行機・新幹線・高速バス等の交通機関をご利用の発表者に対し、フォーラム参加費を免除することを予定しております。参加費補助を希望される方は「回答表」にその旨を記載いただきますようお願い致します。また、当日に使用交通機関のチケットもしくは領収書等、証憑となるものを確認させていただきます。予めご了承ください。日本全国より研究者の方々にご出席いただくことで、当フォーラムはますます活性化するものと考えております。どうぞ遠慮なくご希望をお知らせください。

    ※今年度の交通費補助につきましては、発表者の方のみ対応させて頂いております。一般参加者の方に対しましては、たとえ遠方からの参加であっても、いかなる費用の補助も致しませんので、ご了承ください。※


    ■研究発表の募集について

    2018年度の若手フォーラムで研究発表をしていただける方を募集しています。回答表はこちらから。どうぞふるってご応募下さい。(*一般参加につきましては後日改めてお知らせいたします。)

    ※今年度の研究発表のご応募につきましては、すでに締め切りました。たくさんのご応募、ありがとうございました。※
営委員会
(C)2000-2018 哲学若手研究者フォーラム